組み立て人生

自分の生活をブロックの様に組み合わせて、より豊かな暮らしを目指しています。

素人がさくらVPSにウェブサーバーを導入(6)

さて、CentOS7を導入し、

sshで接続し、Apacheも起動し、自分のウェブサーバーも稼働し、

index.htmlも作成し、

あとは、これを、

サーバーの

/var/www/html

に置くだけ。

そう、置くだけなのです。

ところが、ここで最大の問題が発生します。

 

置けないのです、、、。

昔はFTPという転送ソフトを使ってました。

今は、暗号化された通信で転送する、sftpで送るんです。

??なんだこれ?状態です。

しかし、心配はいりません。

「RLogin」にはsftp機能がありました。

このソフトの解説は他の方のブログで見ていただくとして、

ファイル転送ボタン、場所指定、

右に転送先、左に元ファイルを指定、

あとがドラッグアンドドロップ

もしくは上部のアップロードボタンを押すだけ。

しかし、、転送を拒否されます。

なぜ、なぜ、。

調べますが、ネットで出てきません。

 

????

 

もっと調べました。

答えは:

なんと、サーバーの/var/www/htmlという場所(フォルダ)にありました。

 

この場所の所有権が、私になかったのです。

 

だから拒否されました。

 

教えてくれよ~~~!

 

そこで、sshからサーバーにコマンドを入れます。(suになってね)

#chown apche:******(自分のユーザーネーム) /var/ww/html

 

(/var/www/htmlの前にスペースを入れる)

Apacheさんと私に/var/www/htmlの所有権をあげますというコマンド

 

Apacheさんも持ってなかったのです!

この入力後、

「RLogin」で無事にindex.htmlが、

/var/www/htmlに転送されました。