組み立て人生

自分の生活をブロックの様に組み合わせて、より豊かな暮らしを目指しています。

格安スマホについて(注意喚起)

格安スマホに関して、トラブルが多いようですね。

 わたしは約5年前から、海外製シムフリースマホを手に入れ、

ソフトバンクと喧嘩した、あの日本通信のシムを使っていましたので、

なぜMVNOと消費者のトラブルとなるのか、その仕組みはわかります。

MVNO(モバイルバーチャルオペレーター):バーチャルなのです。

(メガキャリアのauは少々電波送信形式が違います。)

さて、これを知らずして、格安スマホを使うなかれ。

(1)APNが違う

(2)SMS機能は絶対必要

以上です。

解説:

(1)大手キャリアのネット接続ポイントと、格安各社のネット接続ポイントが違う。

電波が有線ネットに入る入り口が違うのです。

例)ドコモの電波で信号が伝わり、ドコモのアンテナに届くが、

そこから、各社専用の回線に回されるのです。

ですから、ドコモの電波を使うのですが、ドコモのメールは使えないのです。

(ドコモがi-modeメールからspメールという機能に変更して、そういう風にしたのだ。)

(2)SMSは電話番号でするメールのこと(世界標準)

なので、いつも無線局とスマホが紐でつながっています。

SMS機能のない格安シムは、いつも、どこかの接続ポイントを探すので、

待ち受け時、余分な電力を消費しています。

ですから、すぐにネットにつながらないのです。

SMS機能を数百円でつけるだけで、この電力の消費を抑えます。

また、この機能があることでLineが使えるのです。

 

(1)キャリアメールは使えなくなります。

(2)Lineを継続したいならSMS機能は必須です。

 

裏技、格安スマホと、ソフトバンクのシンプルスタイル(3G機種)の2台持ち、

シンプルスタイルは「****@softbank.ne.jp」メールが使えます。