組み立て人生

自分の生活をブロックの様に組み合わせて、より豊かな暮らしを目指しています。

さくらVPSお試し中

VPSベンダーの「さくらVPS」を2週間使用中です。

 

VPSとは?

 

さくらの場合、石狩市にあるサーバー群のとある一つを、

100人でそれぞれ、各人用の仮想プライベートサーバーとして使用しています。

 

?よくわからないですよね。

 

遠くはなれたサーバーに、自分用のHDDを持つパソコン空間があるんです。

 

そこに好きなOSをインストールして、遠くから操れるのです。

 

この記事もその仮想パソコンで書いています。

まず、標準OSのCentOS7をインストールしました。

最小インストールになっていましたので、

$ sudo LANG=C yum groupinstall "GNOME Desktop"

を実行して、インストールしました。

 

あちらの仮想パソコンは有線ネットで繋がっているので、

インストールはあっという間に完了しました。

 

再起動しかし、、。

 ここで、またCentOS7(Core)という最小セットで起動します。

rootでログインして、

コマンドラインから、startxと打ち込んで初めてGNOMEが立ち上がります。

 

このあと、毎回GNOMEが自動で立ち上がるように、

GNOMUEの端末ソフトから、

$ sudo systemctl enable gdm.service

と入力して、設定変更しました。

 

さて、このさくらVPSには、

Windows10やiPhoneChromeブラウザーからログインでき、

さくらのコンソール(HTML5)版をメニューから選べば、

 

仮想PCで動くCentOS7の画面が現れます。

 WindowsiPadで、Linuxが動かせるのです。

遠隔操作してるんですよね。

 自分のPCにVirtual Boxをインストールして、

その中で動かすよりも、さくらVPSにログインした方が、

なぜか、サクサク動きます。