組み立て人生

自分の生活をブロックの様に組み合わせて、より豊かな暮らしを目指しています。

Googleのスプレッドシート活用術(1)

こじんまりとした仕事の話です。

スプレッドシートを活用しています。

Microsoft Excelみたいな表計算の、クラウド表計算ソフトです)

*Exelと違い、やや関数が違うのでネットで情報収集しています。

 

今回、仕事の依頼日と曜日を自動入力する関数を書きました。

「来週の水曜日に仕事を依頼したい。」

 

これを半自動化しました。

 

そこで、スプレッドシートに、

「依頼日の日付と曜日が自動で入力される」関数を書きました。

(1)まずどこか一つのセル(A1と仮定)に「=TOADY()」を書きます。

これで、今日の日付がいつも表示されます。

(2)次に、依頼日を入力したいセル(B1と仮定)に、

「=TODAY()+E1」を書きます。

*E1は目立たない隅のセル指定でも構いません。(例えばH12とか)

(3)隣のセル(C1と仮定)に、

「TEXT(B1,"dddd")」と書きます。

(4)隅っこの目立たない場所に指定したセル番号E1(もしくはH12など)に、

来週の水曜日はなん日後?と指で数え、その日数を入力します。

今日が

火曜日なら、8

水曜日なら、7

木曜日なら、6

金曜日なら、5

土曜日なら、4

 

これで、毎回A1には本日の日付が表示され、

E1(もしくはH12など)に入力した、日数(数字)で、

B1に依頼日、C1にその日の曜日が表示されます。

 

なので、私がする行為は、E1(もしくはH12など)に、指で数えた、

数字を一つ入れるだけです。

 

<解説>

=は関数を書き始めますという印です。

(グーグルが認識し、アドバイスしてくれます)

=TODAY()で、今の日付けを表示します。(カレンダーをみなくてイイ)

あとはそれに日数を足せばいいのです。

ポイント:

=TODAY()で一回「Enter」キーを押します。

こうすることで、グーグルが関数入力完了と認識します。

そのあとに、[+E1]など書いていきます。

曜日の表示は、

文字表示をさせる関数:TEXT(    ,        )

を使います。

(        ,           )

の左に「日付のセルを指定」、右に"dddd"と書けばその日付けの曜日がでます。

これを、"ddd"にすると、「水」、「木」などの表示になります。