読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組み立て人生

自分の生活をブロックの様に組み合わせて、より豊かな暮らしを目指しています。

さくらVPSに入れたOS

 

 お試し期間にいろいろOSを入れて、

自分に合いそうなOSを検討してみました。

 FreeBSD

OpenSUSE

CentOS7

上記3つを入れては、失敗し、書き換え、再インストールを5回ほどしました。 

さて、人気のUbuntuは試していません。(生理的に合わない気がした)

上記3つの中で、

BSDだけ、すこしコマンドが違います。

なので、将来性を考えて、Linux系をインストールしようと決めました。

(個人的にはBSDは好きですが、下手にコマンドを覚えると間違えそう)

OpenSUSEGUIも簡単に自動でインストールできました。

しかし、わからないことが多く、ネット上でも解説がまちまちで、

実用面で少し使いにく印象でした。

まあ、まあ、操作画面は奇麗で、

WinodwsやChromeOSやMacのような使い方もできそうです。

しかし、ここは仮想サーバーです。モッサリとしています。

で、結局、CentOS7の最小インストールを入れなおしました。

今回はGNOMEデスクトップは使いません。

ここにSSHで接続します。

「RLogin」というWindowsソフトをダウンロードして、

実行、サーバー情報を入れて接続します。

そうしますと、RLoginの画面に、さくらVPSで動いている、

CentOS7のコンソール画面が一瞬で表示されます。

まさに、ログインしたなという瞬間です。(なんとも気持ちがいい)

ハッカーの方たちはこんな気分なんでしょうね。

一回つながると、次回から、RLoginを起動して、

接続OKボタンを押すだけで、仮想サーバーが現れるので、

まるで自分のパソコンの中にあるような気分です。

 さて運用にあたり、Linuxコマンドを覚える必要があります。

コマンドでさまざまなサービスを起動するということになります。

現在ほぼLinux初心者なので、コマンドは覚えていません。

これから、この仮想空間で練習することになります。

vi編集で失敗したら、OSを再インストールできることが、

このさくらVPSのいいところだと思いました。

私は3コア、200GBプランですが、

最小OSから始める方は、もっと容量の小さいプランから初めていいと思います。

社会保険労務士試験

H29年度第49回社会保険労務士試験の受験申込が始まっています。

申込用紙を取り寄せて、それから、受験資格証明書、写真、受験料納付書、申込用紙を簡易書留で郵送します。

 

ざっと、試験要綱を眺めて、

(1)午前の選択式問題でつまずくと、不合格

(2)実は難しいのは午後の択一式問題

と思いました。

理由:

(1)は全部で40問(1問1点)ですが、8科目に分かれており、各科目5問で、常に6割以上の正解率が要求されています。つまり、得意分野と不得意分野があっては、合格できません。どれも、そつなく、知識として身につけていなければいけないわけです。正答率6割というのは、まったくわからない問題が2割もあったらまず通りません。

(2)は全70問(1問1点)ですが、7部門に分かれており、各10問で各科目4割以上、総合で6割以上が合格条件です。つまりある程度の出来不出来が各科目でバラついても、全体で6割を超えていればいいという試験です。この選択式問題は文章の正誤を認識し、あてはまる答えの組み合わせを一つ選ぶ問題ですが、文章量が多く読み込んで判断する時間が1問あたり3分しかなく、それが70問も続くので、頭の体力勝負です。つまりは、毎日3時間以上勉強したことがない人は合格しません。最低でも毎日3時間ぶっ続けで勉強する癖をつけましょう。

 

(1)はほぼクイズ形式、(2)は読解力、判断力、スピードが求められます。なので、この試験の難関は(2)なのですが、(1)で総合力を試されているので、基礎力がない人は門前払いされています。おそらく(1)で合格要件を満たしてない人は(2)でいくら頑張っても合格しないのです。(1)で9割を目指さないとこの試験は合格しないだろうと思いました。

私の勉強方法です。

(1)一回さらっと参考書を読む(できるだけ早く、わからなくてもいい)

(2)「労働保険の保険料の徴収に関する法律」をマスター

(3)「雇用保険法」をマスター

(4)「労働者災害補償保険法」をマスター

(5)「労働安全衛生法」をマスター

(6)残りは好きなところからマスター

(7)「労働基準法」をマスター

 

(7)を最後にしたのは、基本の基本だからです。

労基法」の完全理解なくしてこの試験の合格はないのです。

だから最後の締めとして、「労基法」完全暗記をするのです。

 この試験は合格率2.9~4.9%と言われています。

厚生省社会保険労務士試験センターのHPで公表されている合格者状況を見ると、受験申込をした人の16%~20%は実際には受験すらしていません。仮にある会場に受験者が約100人いるとすると、その中の0.5人~5人が合格しています。95人から99人は不合格です。100人を4人ずつグループに分けると、25列になりますが、その中のたった一つの列しか受からない、残り24列は全員不合格となる試験です。あなたの周りはほぼ全員不合格者だと思って受験して差支えありません。初めの願書から受験日までに2割が消えるので、実際の合格率は3.5%~6.1%くらいだということになります。銀行金利より大きい数字ですので、非現実的な数字ではないと思われます。昨年は約4万人受験し、1770人が合格しています。もし大学受験だったら偏差値66%以上の人しか合格しません。人生で偏差値67を一度でも超えたことがない人は合格できないかもしれません。そういう試験なのです

Windows バージョンアップについて(注意喚起)

Windows10にはいくつかのバージョンがあります。

 最新は1703(Creators Update)

ひとつ前は1607、その前は1511、その前は初期バージョン

1607からはアップデート方法が少し変わりました。

自分のパソコンのバージョン確認は、

「winodws」キー+「R」キーを押して、

検索欄に「winver」と打ち込みます。

世の中的には、いろんなWindows10のバージョンが混在しています。

さて、2016年8月に配布された

「Anniversaryアップデート」の1607には少し問題があり、

設定が初期化されたり、ドライバーが前のものになったりします。

Windows8 時代のパソコンの中には再起動できなくなるマシンもありました。

2017年4月配布の1607の最新ビルドで改善されたようです。

最新の「Creatorsアップデート」は4月から順次アップデートされますが、

自分で手動でしたいというかたは、

「Windows10Upgrade9252.exe」

というソフトをインストールして、アップデートします。

 解説:Windows10には、バージョンの下に、ビルド番号があり、

同じバージョンでも、いくつかのビルドに分かれます。

(時々修正が入るわけです)

  個人的には、1607はうまく動けば、使いやすいと思います。

 再起動不能になったパソコンは、USBデスクをMicrosoftのHPで作成し、

クリーンインストールすると、自動的にこれになりますので、

一度試されてもいいかと思います。

 

IPアドレスとDNS

インターネット上の住所の話です。

 

DNSドメインネーム・サーバー)

IPアドレス:ネット上の番地

 

本来サーバーには、番地があります。

IPv4形式です。(数の限界があり、IPアドレス枯渇問題が起きる)

注:IPv6形式で行う予定(相当数設定可能)

 

サーバーにはファイルがあって、私たちは、そこに行ってデータを読み込んで、

ブラウザーなどで閲覧しています。(ハッカーはそのファイルを盗むけど)

 

でも電話帳もないし、IPアドレスなんて、わからない。

 

そこで、ドメインネームという表札がついています。

google.com」とか、これがDNSです。

 

端末から、DNSを入力すると、それに対応したIPアドレスを書いたファイルが存在します。

 

Aレコードといいます。AレコードからIPアドレスを探すことを正引きといいます。

.comとかne.jpとか最後のネームを、ルートネーム・サーバーが管理、

その配下の、各サーバーにドメインネームが振り分けられています。

これを管理する団体があり、毎年その会社に登録料を払っています。

管理団体は、さらにその配下のDNSを管理しています。

「a.b.c.d.com」

なら、comの管理を親分がして、

c→b→aと行くにつれ子分が管理します。

(正引きという名称ですが、実は逆から問い合わせをします)

aの子分管理サーバーまで行くと、やっと目的のウェブのIPアドレスがわかります。

 

IPアドレスがわかると、どうなるの?

IPアドレス=サーバーの住所(番地)ですから、

IPアドレスから、sshというソフトで目的サーバーへ侵入できるのです。

なので、IPアドレスがわかると、容易に他者から狙われる危険性が増すのです。

(大体の場合、ポート番号を変更して不特定多数のアクセスはブロックされています。最近では秘密鍵認証が推薦されています。この場合鍵を書いたファイルを持つ端末からしか、サーバーに入れません。)

 

補足:IPアドレスから、DNSを探すことを逆引きといい、

IPアドレスDNSを書いたファイルをPTRレコードといいます。

(あまり一般用途での利用価値はないようです。ログ記録にあるIPアドレスDNSを探すときなど。)

 得体のしれないメールなどについてくるマルウェアが、端末に感染し、IPアドレスを送信する手法でハッキングされますが、その91%が実はDNSを参照し、AレコードからIPアドレスを知るらしい。そこで、DNSで防ごうという試みが開始されています。

 

それにしても91%が正引きでIPアドレスを探してるという事実には、

驚きました。おそらく、ターゲットになる法人企業を探しているのだと思います。

(個人のサーバーを攻撃しても、あまり利益はないのですから)

 

いっそのこと、こうしたらいいかも。

本当は、「JR東海」のHPなんだけど、DNSは、

http://www.okome.motto.kue.ne.jp

なんかつけてみるとか?

でもそれも信ぴょう性がなく利用者は不安ですよね、、。

 

okome.motto.kue.ne.jpでチケット予約したくないよね。

  注:上記サイトは実在しません。

 

 

 

 

さくらVPSにopenSUSEインストール

さくらVPS(仮想サーバー)に、結局、

LinuxディストリビューションopenSUSEをインストールしました。

 (Gnome Desktop)

前回インストール後画面が固まりました。

 

今回は根気強く、待ちました。

 

固まってなかったみたいです。

 

待っていると、GUI画面が現れました。

 

かなり、マックOSっぽい画面だと思いました。

 

BeOSとかもこんな感じだったかな、、。

 

注:かつてインテルPC用にBeOS(BeBoxのOS)をインストールした経験あり。

 

もう今ではそのソフトはない、、。(CDロム形式で、雑誌の付録だった)

 

 

Free BSDにKDE(失敗編)

さくらVPSをお試しで使い、

Free BSD11をカスタムインストールした私。

 

シェルでコマンド入力、viでのファイル編集が面白くはまりました。

 

そこで、調子こいて、GUIKDEをインストールしてみました。

 

挫折、です。

 

ネットの情報の記事にあるファイルがなかったり、

その記事が、簡素で、意味が分からない、、。

 

たとえば、

以下のファイルに、

「 ***」を追加する。

 

など、

?です。

 

そもそも、そのファイルを探す作業から始めます。

 

せっかく見つかっても、どうやって編集する?

 

viでそれを開くと編集可能、で、保存。

 

もしありもしないファイルを作る時は?です。

さらにviで開くと、結構大変なことになったりします。

 

なので、どっかに、コピーして、それを編集して、さらに戻したほうが安心。

 

で、KDEは立ち上がらず、挫折しました。

 

また今度暇なときにチャレンジしてみます。

 

さて、気を取り直して、

OpenSUSE」をカスタムインストールしました。

 

これは、GUI形式で行われるので、簡単です。

 

CentOS7より簡単。

 

だけど、再起動で固まりました。

 

だめだな、標準インストールのCentOS7がやはり無難でいいかも。

さくらVPSにFreeBSD11を入れてみた。

お試し期間のさくらVPS

 

いまCentOS7が入っていて、

GNOMEディスクトップも入っています。

これにChromeもインストールできました。

これで、いいんですが、

GNOMEディスクトップを入れる際、

またユーザーを追加する際、viでカーネルを編集してしまったので、

ちょっと不安です。

まあいま現在快調に動いているのでいいんですが、

まだお試し期間なので、OSを入れ替えてみます。

カスタムインストールでFee BSD11を入れてみます。

ネットで情報検索、

インストール、なんとなくコマンド入力

で、成功、ユーザーを追加し、スーパーユーザーの権限を与え、

シャットダウン。成功しました。

さくらVPSにFree BSD11を入れました。

 

これは、まだコマンドしか入りません。

ディスクトップ環境が入っていません。

 

ここまでの感想、コマンドがLinuxより使いやすい。